インフォメーション

  • 日常
  • 2016.10.17

10月(最近は)・・・・・こんなことありました。

庭にある栗の木から沢山の栗の収穫があり、会社や近所・知り合いにお裾分け。

でも、無断で敷地に入り栗拾いしている近所の人も居るようです ^^・・・一言欲しいよね(笑)。

近所付き合いも想像を絶する面倒くささです【藁】。

先々週、新得町方面に出かけてきましたよ。

まだ38号線(清水町界隈)が通行止めで写真の通り災害の傷跡が生々しかったです。

写真は新得町の学校の敷地脇から撮った写真です。

勢いのある水勢が蛇行した川岸を削り道路が埋没し流され、道路は寸断しあと少しで学校まで達する程の浸食でした。

近隣住民は怖い思いだったと思います。 

川の修復には時間が掛かりそうですが、まさかの川の氾濫や決壊が起きるなんて思いもしなかったでしょう。

自然界の力は想像をはるかに超えてます。

先週末は得意先の社長とプライベートでしたが八雲漁港から釣行。

深夜2時に家を出て・・・帰宅は翌日の16時でした。

釣果は宗八カレイが大漁。平均サイズは30㎝超で中には40㎝オーバーの大物まで居ました。

早速、焼用・煮つけ用・から揚げ用に捌き、その日の晩御飯では食卓に宗八カレイの刺身で舌鼓ってとこですなぁ。

ただ良い事ばかりでは無かった。

天候も良く気持ちの良い天気だったのですが、調子に乗りすぎ揺れる船上で仁王立ちしていたら、

急に脹脛が攣ってしまい相当痛い思いをしてしまいました。魚も釣ったけど足も攣った1日でした。

船上で釣支度での惨事だったので足を伸ばす事も儘ならず自然に治まるのを待ってた事もあり、後遺症?今日も脹脛が痛い。

人間の体には限界がある(藁)。

10月も中旬を過ぎ、栗の収穫も終わり、紅葉がすすんでます。 雪虫も今年初めて見てしまった。

羊蹄山の頂きは白い帽子を被ってました。

もう北海道の自然界では雪を迎え入れる準備が着々と進んでいるようですね。

自然界の移ろいは思ったよりも早いです。(藁)

  • 投稿者:staff
  • 2016.10.17

Copyright(C) ABEA CORPORATION. All Rights Reserved.

ページトップ